gdesignで安くホームページを作ってみる

ブログの直帰率を下げるための対策【備忘録】

      2017/05/29

このブログを見てくれている人のセッション数(このブログを読んでくれている人数*便宜上人数と呼びましょう。)は以前と比べてあまり大きな変動はないのに、PVが下がっちゃってるな〜ということでテコ入れをしました。

簡単なことですがいつか見返したときに「こんなこともやったな〜」って思い出せるように備忘録です。

直帰率を下げるぞ!

っていってもやったことは本当簡単で、このブログでよく読まれている記事の終わりに、他にもこんな記事があるよ!って書いただけです。

今までもwordpress related postsというプラグインを使って記事の終わりに関連記事がいくつか出るようにしてあったのですが、それやとどうしても関連性の低いのも出てきてしまいます。

そこで例えば、僕のブログで多分一番読まれているであろうこの記事の場合だったら

PUNPEE×STUTSの、夜を使いはたしてが気持ちよい話。

この記事を読んでいる人はおそらくPUNPEEも好きなので、記事の終わりに「PUNPEEについてまとめた記事はこちら」って銘打って6記事ほどPUNPEEに関する記事を貼っておきました。
実際のライブの様子とかをまとめた記事もあるのでPUNPEE好きならきっと読みたくなるはず!

同じ要領でその他にもよく読まれている記事ベスト10くらいの記事終わりに、特に関連性が高い記事のリンクを貼っておいたのが本日2017/5/24です。

さて、今後の直帰率はどう変化するでしょうか。下がれ直帰率!回遊してくれみんな!

対策をしてから一週間経った結果

5/17~5/23 5/24~5/29
全体の直帰率 80.63% 80.19% 0.44% 減少
夜を使いはたしての記事 96.27% 91.01% 5.26% 減少
/punpee/ 85.29% 81.58% 3.71% 減少
/post-570/ 70.83% 78.79% 7.96% 上昇
/1999-punpee/ 79.31% 85.71% 6.40% 上昇

この場合は減少が良いことで、上昇は一つの記事しか読まずにこのブログを去った人が増えた、ということになります。

一週間ほど前に対策を施した、このブログでもよく読まれている記事のみの確認ですが減少した記事もあれば逆に上昇してしまった記事もありますね。体感ですが広告の位置がちょうどよろしくない位置に来てしまった記事はやはり直帰率が上昇したのかな?みたいな気配もします。ふぁ!!!

まあまあまあ、まとめとしましては上がり下がりあるよそりゃそうだ生きてんだもんということですね。
それにしてもこうして興味を持ってデータの統計を取る気になっている、ということは素晴らしいですね!
また気が向いたら今後のデータも確認してみまっす!

 - ホームページ制作