ももクロのパワーが半端じゃない話

いや、クリスマスにアイドルの話かよっていうはなしなんですが、今僕は世間のクリスマスムードから避難すべく電車も通っていないような山奥にきているので気にしずに綴りましょう。

そんで、なにが半端じゃないってもう、聴いている人間に元気を与えるパワーが半端じゃないんですよ。
実は僕昨日、朝まで寝ずに遊んでいて、体力的には瀕死に限りなく近い状況だったんですが、ももクロを聴いたら体力ゲージが全回復しました。
なんか、こんな少女たちが、(とはいっても僕と同年代なのですが)こんだけ大きな規模のライブをしたり、めちゃくちゃ盛り上げてたり、ももクロから元気をもらったっていう人たちがいっぱいいるのを見ていると、なんか本当に凄いな~と、もう想像もつかんようなめちゃくちゃな努力をしてきたんやろうな、と思って、ならば僕が頑張らんわけにはいかんな、という、よく考えればアイドルと自分を並列にした考え方なのでおかしいのですが、まあとにかくそうやって思って元気がでますね~。

というか、「元気が出る」という面では正直、ブログに書くため、読者に理解してもらうために上記のように論理的に説明をしていますが、実際に聴いているときはそんな難しいことは考えてなく、ただただ単純に聴いてて楽しくなったり元気になったりしています。

ちなみに、今日の僕が体力をチャージした曲はこちらです。

黒い週末 – ももいろクローバーZ

僕もウリャオイの掛け声してみたい。これはできたら絶対に一体感とかで気持ちよくなるやつですね。

黒い週末について

この黒い週末という曲は久しぶりに聴いたのですが、昔よく聴いていた頃のことをなんか思い出しましたね。

歌詞の中に「魂を売り渡し 勝ったって 歓べないって」というフレーズがあるのですが、ほんとにその通りだなと。
例えば商売を始めたときも、単純にたくさん儲けるためにはAという方法を使えば結果は早くでるとして、ただその方法が良心に沿ったものでない場合、結果を出したとしてもきっと気持ちよくないと思うんですよね。とはいえまあビジネスなので結果を出すのはもちろん前提なのですが。

で、話を戻すとだから僕の今の商売も、決してめちゃくちゃ儲かるような価格設定ではないですが、価格や仕様も含めてこれならと、自分で胸を張れる形で提供できていて、なので自分のやっていることが間違ってはいないんだなあと改めて気づかさしてくれたフレーズでした。

という、まあそんな感じです。記事を書きながらyoutubeでPV見まくっていたらあっという間に時間が過ぎて、日を跨いでしまいました。徹夜明けに何をやっているんでしょうか僕は。ということでそろそろ寝ましょう。

おしまい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です