やっぱり鈴木実貴子ズのライブがインパクトデカかった

suzuki
というか泣けますね。泣いた。僕の前にいた女性もがんがん泣いてた。

ぶっちゃけライブ終わって1週間経ってしまったので演ってた曲順とかは全部は覚えてないんですが、覚えていることとメモしてたことだけ書きましょう。

先週の7/1(金)に新栄アポロベイスにて開かれた鈴木実貴子ズのレコ発ライブがあったのですが、まー良かった!

今回は最終少女ひかさ、ムシケ、そして鈴木実貴子ズのスリーマンという形だったみたいで、30分ほど遅れて入ったらまずはいきなり散々youtyubeで見てきた最終少女ひかさがライブをしてまして、

生でこれが見れてよかった!

2番目のムシケに関してはなんの事前情報もなかったのですがまさかのポエトリで、おぉー!ってなりました。なんかすごい「綺麗」ってかんじですね。音も綺麗!ドラム素敵!

そしてお目当の鈴木実貴子ズですが、まーよかった。泣いた。感動ですね。

この曲のサビで泣いた。本当にその通り!って感じすね。

なんでこんなに響くんかな〜と考えてみたんですが、きっとこのバンドは自分のことをできる限り隠さずに、純度100%のままで自分のことを伝えようとしてて、だからやっぱり聴く側にも伝わって、まあ勿論持ち時間30分のライブで僕の何が分かる!っていう話なんですが。それでも聞いた僕も自分が好きな人の事を知れるっていうのはめっちゃ嬉いし、そういうのの他にもいろんなものが重なってライブに行くと感動とか、いろいろ感じたりとかするんでしょうね〜。

鈴木実貴子ズのライブをみて思うのが、なんだか前の記事でも書いたような10代の頃のまっすぐな感じというか、きっと一度でもこの感覚を味わったことのある人なら分かると思うんですが、まっすぐな自分でいたいなと改めて思わせてくれますね〜。いや〜よかった!

cd

おしまい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA