台風の日に僕たちは

魚取りをしていました。危険!!!

というのも台風が東海地方を直撃した9月のある日、普段から遊んでもらっている従兄弟から一本の電話がありました。

「台風で打ち上がった魚取りに郡上帰るぞ!」

のみです。なかなかファンキーかつ、僕の友人たちだったら絶対に乗ってこないであろう計画ですが、案の定僕も従兄弟もそういうアウトドアな遊びは大好きです。二つ返事でオーケーして、台風が通り過ぎる夜を待って名古屋から我らが地元郡上に帰ります。ちなみに先週も阿多岐ダムへ鯉釣りに郡上に帰っています。地元愛!

そしていざ到着して川を見てみると、夜の10時近いのに全然水が引いていません。ごうごうと濁流が流れています。写真では分かりにくいですがこんな感じ。ちなみにこれは越佐の橋の下流です。
20160920_233038
一歩間違えて川に落ちてしまえば確実に死ぬレベル。引き上げる暇もなくあっという間に流されるます。遊びとは言っても油断はできません。自然との遊びはいつだって気を張って遊びます。

僕と従兄弟二人で行ったのですがお互いに「お互いが川に落ちても助けには行けんでな!気をつけてな!」というよくわからない宣言をしていました。まあそんくらい危険を意識して遊ばなきゃです。

普段は河原になっているところに台風で大水が出て、それにより岸に避難していてそのまま水が引き、河原に取り残された魚を拾う作戦だったのですが、越佐辺りはめぼしいポイントもなかったので、そのまま上流へ車で場所移動です。で、これは少し怖い話なのですが、移動中に川の様子を見ながら移動していた従兄弟が、川の濁流の中に光が浮かんでいるのを見つけました。心霊的なのかと思い僕もよく見てみるとそれはただのライトだったのですが、それが余計に僕らの恐怖を駆り立てます。

「俺らみたいに川を見に来た人が落ちて、ライトだけぷかぷか浮かんどるんかな、、、」
「だとしたら人なんかもうとっくに死んどるよな、、、、」
「明日になって、ニュースで郡上で死亡事故ってニュースに取り上げられとるかも、、、」

みたいな感じで、嫌な想像が膨らみました。怖い!気をつけなきゃ!それでも僕らは気を引き締めて遊び続けます。

が、本流を見回しても魚が取れそうな場所は全然ありません。河原に降りれたポイントとしてはおもちゃのよーちゃんの辺りと、
20160920_235306踊り会場の橋の麓のみでした。が収穫ゼロ。

もう少し上流まで行ってみるかということで北濃の辺りまで。地元の中学生が川で泳ぐ時の定番飛び込みスポットの辺りです。が、ここも相変わらず遊べそうにはありません。そのまま上流まで行っているとなんと吊り橋が!
20160921_001844
めちゃくちゃホラーです。しかも吊り橋の向こうは山の中へつながっているのですがそちらを見ると怪しく光る二つの光が。鹿か狸か、なにがしかの動物だと頭ではわかっていてもやはり気味の悪さが加速しますね。がしかしそこは男の子、恐怖に打ち勝ち吊り橋を渡りきり、対岸まで到着しました。

で対岸から車へ戻るか〜となった瞬間に僕を脅かそうと、突然従兄弟が車へとダッシュします。僕は当然置いてきぼり。山の中の対岸へ一人取り残された僕も怖くなって従兄弟を追いかけ一気にダッシュ&絶叫!まじで怖くて走っている最中は後ろを振り向けませんでした。振り向けばなにかいるんじゃないかみたいなベタなあの怖さ。というか書いている今も思い出して怖くなってきた!

まあ何事もなく無事に車へ到着。走ったあとふと見上げた星空がめちゃくちゃ綺麗だったのを覚えています。

とまあそんあこんなで、最後は吊り橋で遊んで、本流での魚取りは終了です。結果は0匹!残念!

とはいえ、せっかく名古屋から郡上に帰ってきたのにそのまま帰るのもなんだかもったいないので次の遊びを考えます。

その結果が
20160921_010449
栗拾い!

台風で振り落とされた綺麗な栗たちがいっぱい落ちています。虫食いもなし!綺麗!
写真ではこれだけですが、周りを見渡すとまだまだいっぱい落ちていました。

従兄弟と「昔お前(僕のことです)栗拾いをここでしとって、トゲが刺さって大泣きしたよな〜。」なんて思い出話に花が咲きます。ちなみにこれは大坪醤油から北高の坂を登るあの周辺です。栗の木スポット。たくさん落ちていましたがさすがに栗を拾っても処理できないので栗拾いはここまで。次の遊びへ移ります。

次は水路で魚取り!
20160921_01171920160921_011713

これは僕が小学校に入学するそれ以上前から従兄弟と3歳上の兄と3人でよく遊んでいた懐かしの水路です。今は無き伝説の駄菓子屋さん「すずらん」のすぐ近くです。

当時はどじょうが虫かごいっぱい獲れたのですが、今回はどじょうは見当たりませんでした。が!代わりに寝ていたカワムツ&チチコをゲット!久しぶりだなぁおい!!
1474434466858
沢ガニ!かわいい!
1474434464623

ちなみにこのとき、時間はすでに夜中の2時過ぎ。そんな時間に大の大人が二人して20年前と同じ遊びをしてはしゃいでいます。はたからみればアホみたいかもしれませんが、そういうのを楽しめる人間の方が絶対に楽しい人生を送れるはずだ!と信じて魚を捕り続けました。ちなみに魚を獲っている最中はそんな難しいことは考えずにただただ楽しんでいましたね。素晴らしい。

そんなこんなで、川に落ちないように常に気を張って遊んでいたのと、吊り橋ダッシュなどにより体力も徐々に限界に。ぼちぼち帰ろか〜ということでそのまま本日の遊びは終了となりました。

当初の予定の本流での魚ゲットは残念ながらできませんでしたが、吊り橋探検やら、栗拾い、懐かしの水路での魚捕りなど、たくさん遊べて楽しかったですね!幸せ!そしてなによりも川に流されることなく無事に帰宅できたことがなによりもありがたいですね!よい子のみんなは台風の後は川に行っちゃあ駄目ですよ!帰りに念のため確認した牛道川でも、ライトが一つ流れていたので、やはり危険です!事故がなくて本当に良かった!ありがたや!

とまあ、楽しく遊んでいました!という記事でした!おしまい!

台風の日に僕たちは” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です