鶏ガラスープを作った話 | ワダマガは名古屋、岐阜でホームページ制作・イベント運営をしているジーデザイン和田のブログです。
安くて更新もできるホームページは
名古屋、岐阜のジーデザイン
月額8000円

鶏ガラスープを作った話

   

スーパーの精肉コーナーに行くとたまに置いてある鶏ガラがあるんですが、なんかでかくて安くて面白そうで見かけるとつい買っちゃうんですよね。
ということで鶏ガラ×3です。ブレブレ。
鶏ガラ

ある程度細かく砕いてから、あらかじめキノコをたっぷり煮ておいたスープに突っ込みます。ネットを見ると、鶏ガラを茹でる前に先に湯通し?しとかなみたいなことが書いてありますが面倒くさいのでその作業は毎回はしょります。でも今まで臭みとかが気になったことはないので大丈夫でしょう。

1時間ほど煮込んだら調味料、ニンニクくらいしか入れてないのにこんなに色が出ます。うまそう。パイタンラーメンのスープ的な感じでしょうか。この時点で鶏の風味がそこそこ出てて、味見にお椀によそった汁に塩入れるだけで超うまい。大勝利です。
鶏ガラスープ

僕は正直別に、料理がめっちゃ好き!っていう訳ではないのですが、こういう鶏ガラとか、この前のステーキのようなでっかい肉の塊とか、なんかちょっとトリッキーというか普段あまり目にしないというか、なんというかちょっと変化球っぽいのがあるとついテンション上がってしまいますね!

明日にはめっちゃうまいスープが出来てるはずだ!楽しみ!おしまい!

追記
今ネットを見てたら、鶏ガラは水から煮た方がタンパク質がいきなり固まらずとかなんやかんやで旨味が出やすくなるみたいですね。驚き!今度はそうしよう。

 - 日記