youtubeを埋め込むと重たくなる問題をYoutube SpeedLoadで解決した話【備忘録】

ここ最近は音楽のお話を特によくしていたり、以前はYouTubeで高く評価した音楽を紹介する記事を書いていたりしてブログにYouTubeを載せる機会が多かったのですが、どうにもYouTubeを載せる度に記事が重く表示が遅くなり、見ている人にストレスを与えてしまうのが気になっていたんですよね〜。

で、弊社の制作さんにアドバイスを頂きまして、プラグインで解決することにしました。プラグイン入れても少し重くなるけど、YouTubeが軽くなる分を考えたらトータルで見てプラグイン突っ込んだほうが軽くなる&早い&楽で圧倒的にメリットだらけだったので、早速設定いたしました。
以下はその備忘録です。超簡単でした。3分で終わった。

設定方法

基本的に下記の記事を見ればすぐ分かります。

wordpressのyoutube埋め込み動画の表示を高速化!レスポンシブ対応のお手軽プラグイン!

プラグインをインストールして、「サイドバー」「設定」「Youtube SpeedLoad」の順で表示していって、Responsive embeds Yes. I want all youtube embeds have 100% width というところにチェックして完了です。以上。今までの記事のYoutubeにもしっかりと仕事をしてくれていました。

確かにスマホとかで見てもだいぶ軽くなり、記事が表示されるのが早くなりました。重たいサイトはグーグル大先生から嫌われてしまい、seoも弱くなり検索の順位が下がってしまうのでこれで対策完了です。一安心。よかったよかった。

なぜ軽くなったというと、今までは記事を開く度に動画を表示していたのを、プラグインにより動画のサムネイル画像を自動で表示するようになったからです。動画と画像では圧倒的に画像のほうがサイズが軽いのでその分表示速度が早くなります。へ〜。

良かったとこ、う〜んってなったこと。

良かったとこ
・記事の表示速度が圧倒的に早くなった。最優先事項を達成です。
・既に投稿されていた今までの何百というyoutubeのリンクにもインストールだけで対応してくれた。驚き。

う〜んってなったとこ
・プラグイン入れるのに少しだけ抵抗です。重たくなるかな?
・YouTubeを見ようとすると、2回クリックしなきゃいけなくなる。一度画像をクリックした後に動画をクリックしてから再生が始まる。2度手間。

・プラグインと直接は関係無いけど上で紹介した参考サイトがプロテクトかかってて記事タイトルとかをコピペできんかったのが面倒。手打ちして紹介しました。javaを解除してもダメでした。今の僕には無い技術だな〜。欲しいとも思わんけけどなんか悔しい。

ぐらいですね。まあ正直メリットに比べればデメリットなんで無いに等しいです。対応して良かった!

という備忘録でした。おしまい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA