アジアンドキュメンタリーズ、重たいけど、だからこそ必要なインプットだと感じる話

アジアンドキュメンタリーズホームページファーストビュー 映画

アジアンドキュメンタリーズという、アジア圏でのドキュメンタリー映画を配信しているサイトがあります。
こんな感じのドキュメンタリーの配信サイトです↓

僕はまだ1、2作品しか観れていないのですが、ツイッターで流れてくる各予告編だけでなんかもう、メンタルにガツンと衝撃だったり、悲しみだったり、そんな世界があんの!?という驚きだったりを感じます。これはなかなか映画1本丸々見るには体力が要りますね。

でも、そういう心を動かすものこそ面倒臭がらずに立ち向かって受け止めてよく咀嚼して飲み込むことが、自分自身を律するというかバランスよくするというか、必要な栄養分ですよね。柔らかい物だけを食べていたら顎がやせ細って使い物にならなくなってしまうので。

アジアンドキュメンタリーズのような文化こそ、成熟や成長の為にこの先も残っていくべき文化だよな、と思います。文化を残す為に月額プランに入会しました。月990円って安い。気持ち的にはユニセフとかに募金してるのと同じ気持ちです。

ドキュメンタリーの可能性をあなたに。
ドキュメンタリーは、アジアで生きる人々の現実を切り取り、ドキュメンタリー作家の視点で構成することで、多くのメッセージを届け、あるいは問題を提起し、あなたに考えるきっかけと価値を与えてくれます。知る、感じる、考える。ドキュメンタリーと向き合うことで、あなたの人生はより豊かになります。さまざまな映像コンテンツが増える一方で、ドキュメンタリーを一度も見たことがない人が増えています。ドキュメンタリーが衰退しているのではないか。私たちには、そんな危機感がありました。人生を豊かにしてくれるはずの優れたドキュメンタリーが無数の映像に散逸し、埋もれさせることは大きな損失です。だからこそ、私たちはひとつひとつ作品価値を確かめながら埋もれた名作を掘り起こし、こだわりのラインナップで配信します。

「衝撃」「感動」「覚醒」… 優れたドキュメンタリーがあなたを揺さぶる。
優れたドキュメンタリーは、あなたに驚くほどの衝撃を与えることでしょう。それは今までの人生で築き上げられた価値観が壊れてしまうこともあるほどのものです。また作品によっては深い感動や共感を抱くこともあるでしょう。それが激しい怒りや悲しみ、絶望かもしれません。しかし、私たちが一つのドキュメンタリーと向き合うことで、新しい何かが生まれていきます。ドキュメンタリーは、私たちを奮い立たせるエネルギーを与えてくれます。自らの生き方を問い直すきっかけになるかもしれません。

テレビでは放送されない、タブーに切り込む作品の数々。
テレビは人々が信頼を寄せる巨大な映像メディアですが、そこには大きなタブーも存在します。当然のことかもしれませんが、広告主や視聴率に悪い影響をもたらすもの、特定の業界から強い反発が予想されるような自らの立場を危うくするテーマをなかなか取り扱いません。しかし私たちは小さな市民メディアとして、テレビが取り上げないドキュメンタリー作品こそ大切にしたいと考えています。

https://asiandocs.co.jp/pub/service より

どの映画も全て気になる。外れはないんじゃないか。予告編見てるだけで気持ちが持ってかれる。

ということで、アジアンドキュメンタリーズ、おすすめですよ、というお話です。
文化を残す為にお金を使いたい、という方は月額プランに入るといいんじゃないでしょうか。

アジアンドキュメンタリーズ
優れたアジアのドキュメンタリー映画を通して、世界を《知る・学ぶ・考える》動画配信サービス。月額990円(税込)で配信中の全作品がいつでも自由に見放題。1作品のみの視聴は495円(税込)。毎月お届けする特集編成は、いずれも「衝撃」「感動」「覚醒」という3つのキーワードにこだわって厳選した作品ばかり。予告編はもちろん、無料...

コメント

タイトルとURLをコピーしました